在宅テレワークのワークスペースをDIYで作り仕事の生産性と生活力向上をしましょう

DIYでできるテレワーク仕様のワークスペースの作り方

>

在宅ワークのトラブルを回避や快適に仕事を進めるためのコツ

配線トラブル対策

ネットケーブルや配線などをお子さんやペットが噛みちぎりをしてしまう場合があります。仕事に支障をきたすだけでなく、噛みちぎることでの感電やショートしてしまった際の火災のリスクも出ます。配線用のコードチューブをつけるだけでも、十分な効果を見込めます。安いものなら100円で購入できるので、試してみましょう。

コードが壁近くにあるなら、専用のフックを這わせるようにして取り付けるのも有効な方法です。噛みちぎる以外に踏みつけもしなくて済むので、快適な使用が見込めます。また、まとめきれない配線があるなら、ワイヤーネットで保護しましょう。

その他、配線に臭いをつける方法もありますが、慣れが出てしまうのが想定されます。また、自分に合わない臭いなら在宅テレワークを進めにくくします。

収納のスキルも役立つかも

在宅テレワークをする際、場所選びに悩む人はいます。個室で集中して取り組むのも1つの方法ですが、お子さんやペットがいる家庭では管理や養育をする際に目が届かない可能性が出ます。

リビングで仕事を進めるなら、家具やテレビなどの隙間を埋めると1人用の机は確保できるでしょう。壁側に向かって仕事を進められると、視界に余計なものが入らなくて済みます。暗さ対策を図るなら、デスクライトの設置も良いかもしれません。

夫婦など複数人で在宅テレワークを進めるなら、少なくても3畳以上ある部屋の確保をしましょう。既存の部屋を空き部屋にしたうえで、デスクやパソコン器具などを設置ができればスムーズな仕事ができます。なお、オンライン会議をする際は壁に防音シートを貼るなどの対策は欠かせません。


このTOPICSをシェアする